文字サイズ
  • small
  • medium
  • large

経営理念

企業精神

一つの個を大切にし、この一つの個が自立し生きていく中から他との共生が生まれてくるとする、浄土宗の高僧 椎尾辮匡師の考え方「共生(ともいき)」を経営理念とし、事業を通じて国家・社会・地域に貢献すること、また、企業として教育・文化・福祉・スポーツなど様々な分野へ支援することが重要であると考えます。 自然・地球環境と調和する社会の実現にも努めます。

鈴与グループのシンボルは、未来への輝きと拡がりを与え、信頼や伝統を継承しつつ、時代や環境に適応していく鈴与グループの決意を象徴しています。

鈴与グループシンボル

シンボルカラー
「情熱と躍進」の赤 (SUZUYO RED)
「創意と誠実」の青 (SUZUYO BLUE)
ひとと海を原点とする鈴与カラーに、
明るさとあざやかさを高めたシンボルカラーを制定しました。

沿革

1801年   鈴与グループの創始者・初代鈴木与平、回漕業・播磨屋を始める
1895年   石炭販売業を始める
1933年   石油販売業を始める
1990年   鈴与(株)の販売部門を受け継ぎ分社、鈴与商事(株)発足
1995年 9月 静岡県初ビル一体型SS「日石鈴与ビルディング」完成(現在名 鈴与静岡ビル)
1995年 10月 一般家庭向けリース制度「ゆとりーす」スタート
1997年 6月 資本金を20億円に増資
1998年 4月 日本初のセルフスタンド「セルフ24草薙店」オープン
1999年 11月 静岡ケアサービス(株)を設立して、介護事業に参入(現商号 鈴与ケアサービス(株))
2000年 4月 軽油事業を分離独立、鈴与トラックステーション(株)へ移管(現商号 (株)ENEOSウイング)
2003年 10月 中国(上海)に現地法人を設立し、中国貿易事業に本格参入
2004年 9月 菊川市に静岡県内初のペットボトルリサイクル工場を建設(現事業会社 鈴与エコプロダクツ(株))
2008年 3月 住宅設備事業を分離独立、鈴与ホームパル(株)を設立
2009年 9月 「鈴与東静岡ビル」完成。鈴与ホームパル(株)のショールームを移転
2010年 3月 クリクラブランドのボトルウォーター販売をスタート
2011年 6月 新興マタイ(株)をグループ会社化、太陽光発電システム販売に本格参入
2011年 9月 直営SS事業・サービスエリア給油所事業を鈴与エネルギー(株)
(現商号 (株)ENEOSウイング)へ移管
2012年 12月 静岡県内初の「分散型メガソーラー」として清水港メガソーラーを稼働
2013年 2月 JX日鉱日石エネルギー(株)とJ&Sフリートホールディングスを設立
特定規模電気事業者として電力事業に参入
2014年 4月 静岡県内初の特定規模電気事業者として電力供給を開始
2015年 3月 鈴与マテリアル(株)と経営統合
2016年 4月 小売電気事業者として、家庭向けに電力供給を開始

企業情報

  • 会社概要
  • 経営方針
  • 営業拠点
  • 関連会社
  • 個人情報保護方針