IoT・見える化・デジタル化

スマートファクトリーの第一歩は見える化から始めませんか。鈴与商事は、多種多様なメーカーの製品・システムを取り揃え、最適なセンサの選定、データを可視化する仕組み、データの分析支援等のサービスを提供することで、正確な情報に基づいた現場の改善、計画立案のお手伝いを行います。

スマートファクトリー化の流れ

リニューアルまでの流れ
  • アイコンデータ収集・蓄積
  • アイコン可視化
  • アイコン分析 *
  • アイコン アイコン アイコン 改善(省人化・自動化・最適化) *
  • アイコン生産性の向上

※分析と改善を繰り返す

こんな課題を解決します

・人手不足解消や生産性向上に向けて何から手を付けたらいいかわからない
・データは取っている必要データが揃わず、分析に使える可視化までできていない
・データをデジタル化し、リアルタイムに把握し素早く改善につなげたい
・スマート化を図りたいが、そこまで人手がまわらない

生産・稼働設備のデータ収集・蓄積

三菱電機製品によるデータ収集

鈴与商事は長年e-f@ctoryを進め、自動化省人化では最大手の三菱電機の一次代理店として、メーカーと連携しながら生産現場のシーケンサ、FAセンサ、駆動機器などの機器や装置をネットワークと接続するお手伝いをします。FAのノウハウとと情報通信の両面からサポートし、スマート化を模索している現場担当者の方の負担を軽減します。

取扱機器類についてはこちら

CONPROSYS(コンテック社)を用いたデータ収集

コンテック社が提供するCONPROSYSは、各種センサーやフィールド機器に対応した計測制御用の拡張ボードです。国際基準の産業用プロトコルのOPC UAに対応しており、他社ソフトウェアの都の通信も可能、「簡単」「便利」「使いやすい」IoTシステムを構築します。

可視化・デジタル化

三菱電機製品の監視制御機能

画像

SA1-Ⅲ

設備管理、製造、エネルギー管理部門などへ、MELSECNET等の通信ネットワークを経由してリアルタイムに収集した設備の稼動情報をタイムリーに提供し、稼働状況の監視・制御が行えます。
情報は必要な形に加工することが可能で、電力・設備監視、省エネ分析、設備保全などマルチに使用いただけます。三菱電機およびその関連製品とのシームレスな連携ができます。

画像

MC Works64

三菱SCADAソフトウェア MC Works64は、豊富なFA 機器と連携し、監視操作の視認性やシステムの信頼性の向上、消費エネルギーの見える化、予防保全などのニーズを満たす高機能な監視制御システムです。製造現場の可視化・分析・改善に貢献します。

画像

GOT2000 操作盤

操作盤に取り付けていたハードウェア的なスイッチ、ランプなどをソフトウェアにより実現し、モニタ画面上でこれらの表示・操作が可能なタッチパネル付の表示器です。

情報可視化ツール(BIツール)

情報可視化ツール(BIツール)は、複数のデータを集結させ見やすく表示するツールです。データを必要な形に、シンプルに可視化、リアルタイムでデータを把握し必要に応じてアラートを発信することもできます。また、分析機能もあり、様々なデータソースとの連携が可能。直感的に操作ができるのが魅力です。

帳票類のデジタル化

現場で使用している紙の帳票やExcel帳票をiPadなどのタブレットで電子帳票にするツールです。現場で入力されたデータは即時にデータ化されるため、転記作業やシステムへの入力は無くなり、集計作業も自動化することが可能になります。

こんな課題を解決します

・日報や報告書の作成時間を減らし、業務効率化を図りたい
・現場のデータをリアルタイムに反映し、改善を進めたい
・ペーパーレスを進めコスト削減を図りたい

スマートファクトリーの関連サービスはこちら

お問い合わせ先

WEBでお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

DXソリューション営業部
東京
TEL:03-6757-4338 FAX:03-6757-4339
豊橋
TEL:0532-55-1115 FAX:0532-55-1182