受電設備保安サービス

受電設備保安サービスは、電気保安管理業務(法定点検業務)に加えて、管理・点検を通じて得られた情報を元に、専門家の目線で、お客様が消費するエネルギーの最適利用を支援するサービスです。受電設備を最適に管理するだけでなく、電力の見える化によって、運用の改善をサポートします。

取扱商品・サービスの紹介 Product Detail

サービス概要

高圧・特別高圧で電気を受電する事業場の電気設備(キュービクルや発電機など)の設置者は主任技術者を選任し、経済産業省令で定める技術基準に適合するように保安管理することが義務付けられています。

保安管理業務の内容
月次点検:原則として、毎月1回(※)、使用中の高圧電気設備の点検・測定
年次点検:原則として、毎年1回、お客様の電気設備を停めて、詳細な点検・測定および試験
緊急時対応:電気設備に火災・漏電などの緊急事態が発生した際の緊急対応

当社は保安管理業務に加え、お客様が消費するエネルギーの最適利用を支援します。

※点検頻度はお客様の設備条件により異なる場合があります。

当社サービスの特徴

  • 受電設備保安サービス
  • 電気保安管理
  • 当社の強み
電気保安管理
  1. 保安管理コストの削減
    保安管理委託契約を切り替えて頂くことにより、お客様の保安管理コストを3~10%(※)削減します。
    ご契約後は、お客様のエネルギー消費傾向を専門家目線で分析し、更なるコスト削減のお手伝いをします。
    ※実際の削減額は、お客様により異なります。
  2. 万全の保安管理体制
    お客様ごとに管理技術者を選任し、停電や電気事故が発生した場合、24時間365日緊急対応します。
    点検業務は、当社と提携した保安業務を専業とする法定有資格者が関係法令に則り実施し、電気設備の安全確保をサポートします。
当社の強み
電気設備の安全確保に留まらず、長年エネルギーを供給してきたノウハウを活かし、すべてのエネルギー設備において、省エネ・省コストを支援します。設備の更新はもちろん、運用の改善についてもお任せください。
  1. 受電設備の最適管理サポート
    電気設備は経年劣化や環境要因によって年々、事故・故障率が上昇し、電気事故の約60%は「老朽化や劣化」に起因しています。事故を未然に防ぐには、設備の状態を正しく把握し、適切な対応が必要になります。しかし、約60%(※)のお客様は、不具合や更新時期を超過したまま電気設備を使い続けています。当社では、お客様に代わり電気設備の状況を調査し、受電設備の最適な改修時期をご提案します。

    ※当社調べ

設備要因による産業事故のグラフ

(一財)日本電機工業会(2013.8)
『設備診断と保守点検のおすすめ』より

  1. 電力の見える化による運用改善サポートEMS(エネルギーマネジメントシステム)により、電気の使用実態を見える化し、「ピークシフト」「ピークカット」「節電」をご提案、電気料金の削減をサポートします。保安サービス導入後のコスト削減も、当社にお任せください。
電気の使用実態グラフ

お手続き

ご利用開始は、お問い合わせいただいた後、最短で1カ月後となります。必要な書類手続きは、全て弊社にて行います。
お問い合わせの際は、お手元に点検報告書をご用意ください。

お問い合わせ

エネルギーシステム営業部ソリューション営業課

電話でのお問い合わせ先

エネルギーシステム営業部
電力営業課
TEL:054-273-7761