ソリューション提案

工場・倉庫の生産性向上 多関節ロボットと画像検査システムを導入し生産性を向上させます

検品の精度を向上させ、エラーを解消しコストを抑えたい

作業者により自動車部品の傷の目視検査を行っていたが、熟練度によるバラつきやNG品をOK品置き場に置くなどのヒューマンエラーが無くならず、頭を悩ませていた。さらに、NG品を出荷してしまったことにより、お客様のもとへ訪問し検査をやり直すなど、余計な出費の発生に加え、お客様からの信用も落としてしまっていた。

  • 製造業
  • 物流・運輸業

画像検査システムによるNG品流出を阻止

多関節ロボットとカメラによる画像検査システムをご提案。
目視検査に代わり、画像処理システムを導入し、人の熟練度に左右されないよう合否基準(しきい値)を設けました。
また、製品の取り出しから画像検査、検査後の出品までをロボット化することにより、人よりも高速かつ確実にNG品を排出できる検査工程を実現しました。

画像

省人化を進め、生産性もアップ!

作業者を2名から1名に減らせ、生産スピードを25%アップさせることが出来ました。また、合否データを写真付きで残すことにより、NG発生状況やNG多発箇所の特定もできるようになり、今後の生産設備へのフィードバックが可能になるなど、今までは作業者だけしかわからなかったことが見える化でき、会社全体として次の課題解決へ向けた議論ができるようになりました。