学ぶ
2018.07.27

夏こそ注意!おうちの防犯対策

夏こそ注意!おうちの防犯対策

今年は特に厳しい暑さが続いていますね。ずっとクーラーをつけていたいけど、電気代が気になって比較的涼しい朝晩などは網戸にして扇風機を使っている方もいるのではないでしょうか。また夏場は日が長いことで夕方になっても雨戸を閉めなかったり、2重ロックをかけない方も多くなります。
そう、夏場は知らず知らず戸締りへの意識が薄くなっているのです!戸締りへの意識が薄くなると、当然大事が起こる可能性が高くなります。「絶対に大丈夫」はありませんから、この機会に自分の家は本当に大丈夫か確認しておきましょう。今回は防犯のために押さえておくべきポイントと対策をご紹介します。
 

窓に注意!


前段でも触れましたが、夏場は窓を開けておく機会が多くなります。もちろん、明らかに人が出入りできるような地面に近くて大きな窓を開けたまま、出かけたり寝たりというのは危険だと感じますよね。でも「人が出入りできそうな窓」から少しでも条件が外れると、人は「たぶん大丈夫だろう」という意識になってしまいます。自宅を思い浮かべてほしいのですが、お風呂やトイレの小さな窓、二階以上にある窓は開けっ放しになっていませんか?侵入者は「夏場は戸締り意識が薄い」ということはよく心得ていますから、こういった普通の人なら出入りを考えない場所も狙ってきます。もし開けっ放しにしてしまっている方がいたら、ぜひお出かけの際や寝る前に戸締りするようにしてくださいね。
 

家の外に注意!


もし仮にあなたが自分の家に侵入しようとしたとして、あなたの家は侵入しやすいでしょうか。家が塀や生垣に囲まれていたり、玄関や窓が隠れるような場所に大きな木や植物が植えてあると、人の目を遮り侵入者にとっては侵入しやすい家となると言われています。もちろん敷地の境界線をはっきりさせたり、プライバシーを守るといった点での良い点もありますが、人の目を遮るものがある場合はより防犯意識を高く持つ必要があります。
 

留守に注意!


留守も狙われやすい理由の1つです。夕方以降の留守は、照明がついているかどうかで一目でわかります。家族全員昼は留守で夜の帰宅時間が毎日同じような家は、いつまでが留守か把握しやすいため、特に気を付ける必要があります。暗くなったら自動点灯するライトを家の中に置くなど、留守だという事が外から見てすぐにわからないようにしておきましょう。

 

防犯対策しよう


防犯対策として最も効果を発揮するのは間違いなく防犯システム、警備システムです。
費用がかかりそう、大掛かりな設置になりそう、と感じる方も多いかもしれませんが、一口に「防犯システム」「警備システム」と言っても様々な種類やプランがあります。
費用面や大掛かりな設置工事で迷われている方には、費用は格安で取り付けなども自分で簡単にできるタイプの防犯システムSecual(セキュアル)がおすすめです。
使い方はとても簡単。窓やドアにセンサーを取り付けておけば、侵入のドア開閉による振動を察知して大音量の警報による威嚇、登録先のスマホへ通知してくれます。帰宅時などドアや窓を開閉する時はアプリ上でセキュリティをオフにすれば良いだけ。誰でも簡単に操作することができます。
「防犯システムをつけたいけど費用が高いのがネック」「マンションやアパートなので大掛かりなものはオーバースペック」と考える方にはぴったりの防犯システムとなっています。一人暮らしの娘さんなどには特におすすめできる内容となっていますので、ぜひ詳しい内容を確認してみてくださいね。
 

!おすすめ! Secual(セキュアル)
 

防犯システム、警備システムには様々な種類があるので、ご自宅にピッタリなものを選んでくださいね。
またそのほかご自宅で簡単にできる防犯対策はこちらの記事も参考にしてください。
ウィズスマイル:あなたの家は大丈夫? 見直そう「防犯」

普段の生活のなかで「防犯対策をしよう」と考えるきっかけはそう多くありません。だからこそ、こういった機会に1度家族で話し合ったり自宅を点検してみてはいかがでしょうか。「絶対大丈夫」はありませんから、ぜひこの機会に見直してみてくださいね。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業