学ぶ
2017.09.01 電力自由化 お得 節約 

電力自由化ってなに?「仕組み」を知って賢く節約しよう!

電力自由化ってなに?「仕組み」を知って賢く節約しよう!

電力の自由化で電気料金が下がったことを実感していますか?
「聞いたことはあるけれど、実はよくわからない」と、いまだ電力会社の切り替えや、プラン変更に踏み切れず、そのままになっている人も多いのではないでしょうか。
スタートして1年。いまさら聞けない電力自由化についておさらいしておきましょう。


電力自由化 2
 

なぜ電力を自由化したの?


きっかけは、2011年に起きた東日本大震災だと言われています。
震災を通して節電や安定供給、安全性など、私たちの電力をとりまく環境、そしてエネルギーに対する意識が変わってきました。
今回の自由化によって、これまで決められた会社からしか買うことのできなかった電気を、安い電気料金やサービスを提供する多くの会社から選べるようになったのです。
競争が激化し「料金が安くなるのはうれしいけれど、自分の家だけ停電しやすくなったりしないの?」という心配はご無用。
電力供給の仕組みは「発電」「送電」「小売」に分類されており、今回自由化されたのは、そのなかでも消費者と料金の決定や契約手続きなどを行う「小売」部分だけ。電気の質や送電に影響はありません。


電力自由化 3

月々の電気料金を安くするためには、まず電力会社を知ることから!


自由化での一番のメリットは電気料金が安くなることです。
みなさんのご家庭の電気料金は安くなりましたか? 
現在、多くの企業が電気事業に参入し、競争をしています。
ガスなどのエネルギー事業の会社はもちろん、携帯電話やインターネットといった通信事業など異業種からの参入もあり、各社のサービスと電気をセットにして割引くお得なプランを提供しています。
なかには支払いをクレジットカードにすることによってポイントを付与するなど、電気料金だけにとどまらず、さまざまなかたちで各社が工夫をこらしたサービスを受けることができるのです。
まずは住まいの地域の電力会社を知り、各会社がどのようなサービスを提案しているのか、ぜひ調べてみてください。
思いがけないお得が見つかるかもしれませんよ。


電力自由化 4
 

自分のライフスタイルを分析すると、節約の道が見えてくる!


お得なセットも良いけれど、シンプルに電気料金だけで考えたいという人は、自分の生活に合ったプランを探しましょう。
日中は仕事で夜間に電気を使うことが多い単身者世帯。
逆に日中に電気を使うことが多く、夜間はそれほど程でもない高齢者世帯。
お子さんのいるご家庭は夏と冬に電気の使用がぐっと増えるなど、各家庭によって電気の利用状況は異なります。
夜間の料金がお得なものや、季節によってプランを選べるなど、電力会社の選択肢が増えることで、料金プランも多様化しています。
もしかしたら今の料金プランはご自身の生活と合っていないかもしれません。
電力会社のホームページでは、プランを見直すことでどれくらい節約できるかをシミュレーションしてくれるサービスもありますので、参考にしてみましょう。
まだまだ節約できる道がありそうですよ。
 

電気料金は、消費者が各家庭のライフスタイルに合った料金プランやサービスを賢く選ぶ時代です。
そのためには日頃からアンテナを高く張って情報収集することも忘れずに。
まだ何もしていないという人は、この機会に見直してはいかがでしょうか?


関連記事はこちら!
「来年も気持ちよく使おう!夏用品のお手入れ方法」

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業