学ぶ
2020.05.20 四條由貴

お風呂パワーが存分に得られる、正しい入浴法|博士(医学)、温泉療法専門医 早坂信哉先生

お風呂パワーが存分に得られる、正しい入浴法|博士(医学)、温泉療法専門医 早坂信哉先生

 

地域医療から始まったお風呂研究


これまでとは違う暮らしを強いられる日々に、ストレスを抱えていませんか?そんな時、ストレス緩和の一つとして、「入浴」を楽しむ人も多いのではないでしょうか。お気に入りの入浴剤を使ってリラックスしたり、汗や汚れを洗い流してリフレッシュしたり…。しかし、自己流の入浴法は、実は逆効果になってしまうこともあるのです。正しいお風呂の入り方を理解して、心身のリフレッシュ、健康増進に役立ててみましょう。
温泉 お風呂の医学研究者であり、多くのメディアでも活躍する博士(医学)、温泉療法専門医の早坂信哉先生に、入浴の基礎知識を教えてもらいました。

早坂先生は、入浴の研究を始める前、宮城県北部や沿岸部、県境など、高齢者の多いエリアで内科医として地域医療に従事していました。そこで時折、早坂先生を悩ませる事が起こるのです。介護を必要とする人に、看護師が同行し、入浴を介助する福祉サービスがあります。入浴前には、体温や血圧を測る体調チェックを行います。週に1~2回のサービスとあって、楽しみに待っているため血圧が上がってしまう人もいるのだとか。入浴を中止にすべきかの判断がつかない場合、看護師から相談の電話が入るのです。早坂先生は、どの程度の状態までなら入浴しても差し支えないのか、科学的な根拠を求め多くの医学書を調べたそうです。しかし、身近で簡単なことのはずなのに、その答えはどこにも載っていなかったのです。20年以上前のこと。お風呂の事故に関して、解明されていない時代でした。この事をきっかけに、自ら研究を進めていきました。

全国の2千人以上の高齢者を対象に調査を進めた結果、血圧では、収縮期血圧(上)160以上、拡張期血圧(下)100以上の場合に、呼吸困難や意識障害などトラブルを起こす危険性が、正常値の3倍以上になるという結果になりました。体温は、37.5℃以上の場合に、リスクが高まります。このような場合は、入浴を控えるか、シャワーですませるなど、体に負担をかけないことが大切だということです。


毎日の入浴で得られる、凄い健康効果!!


健康効果が得られる、危険のない基本的な入浴のコツは、「お湯は熱過ぎず、長く入り過ぎないこと」。40℃の湯に、10分間、肩まで浸かる全身浴を毎日行うことが、もっとも健康増進効果を得られるそうです。湯船に浸かることは、シャワーよりも、全身にくまなくお湯が触れていることから、体温が上がりやすいのです。体温が上がると、血管が広がるため、たくさんの血液が流れていきます。血液の循環が良くなるということです。血流が良くなると、栄養分や酸素が全身の細胞に行きわたり、細胞からでる老廃物、二酸化炭素などもスムーズに回収できます。

温めると、痛みも緩和されます。痛みを感じる神経は、慢性化すると過敏になり、少しの刺激でも痛みとして感じるようになります。温めることにより、過敏性を抑えることができ、痛みを軽減することができます。関節周辺の痛みに関していうと、筋や、腱といわれる靭帯がタンパク質、コラーゲンでできていますが、これらは温めると柔軟性が増し、伸びやすくなります。関節が柔らかくなることで、膝や肩を動かしやすくなり、こわばりや痛みが緩和していくのです。

温めることは、リラックス効果も得られます。最適な温度が40℃なのは、緊張を緩和させる副交感神経が刺激されるから。逆に、42℃以上の熱いお湯に入ってしまうと、交感神経が優位になり、緊張状態になってしまいます。血圧も上がるため、ヒートショックの危険性も高まります。年齢を増すにつれ、温度を感じる皮膚センサーが鈍くなることから、皮膚感覚に頼らず、温度計や給湯器の温度設定を活用すると良いでしょう。

夏季は、室温が高いので、体温が上がりやすくなります。あまり長く入ると熱中症の危険性が高まります。汗が滲んできたら一度湯船から出る、入浴前には、コップ1~2杯の水分補を補給するなど対策が大切です。1回の入浴で、800ccほど脱水になるという研究結果が出ています。脱水になると血液の粘り気が増して、ドロドロ状態に。脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まりますので、十分な水分をとり、血液をサラサラにしてお風呂に入りましょう。

毎日湯船に浸かる人は、週に2回以下の人に比べると、3年後に介護状態になる確率が低い事が明らかになりました。夏冬関係なく、毎日お風呂に入る人は、3割程度介護に陥るリスクを減らすことができるようです。痛みの軽減、睡眠の質の向上、リラックス効果などが複合的な要素により、健康維持につながると考えられます。


もっとお風呂のことが知りたいと思ったら「入浴検定」


早坂先生は、2017年にお風呂に特化した専門団体「日本入浴協会」を設立し、理事を務めています。入浴法を正しく理解し、その知識を活用してもらうために「入浴検定」を全国で実施しています。
旅館、ホテルなどの入浴施設に関わる職業、福祉医療関係など、多くの人が検定を通じて学んだ知識を役立てているようです。

また、早坂先生は、入浴に関する多くの本を執筆しています。疲れきった心と体を整える方法を紹介する「最高の入浴法」(大和書房)や、肩こり、胃痛、睡眠、ダイエットなど、目的に合わせた入浴法を紹介している「たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法」(KADOKAWA)など。毎日の健康に役立つ知識が得られそうです。

早坂先生著書「最高の入浴法」を3名の方にプレゼントします!

 

今回は、早坂先生著書「最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案~」を3名の方にプレゼントします。
いつもの入り方をちょっと変えるだけで、血流アップ&自律神経が整う!入浴効果倍増メソッドが満載です。
たくさんの方からのご応募をお待ちしています。

【商 品】最高の入浴法~お風呂研究20年、3万人を調査した医師が考案(大和書房)
【応募資格】 メルマガ「Suzuyo通信」を購読されている方
※メルマガを未登録の方も、プレゼント応募フォームでメルマガの登録が可能です。この機会にぜひご登録ください。

応募期間 : 2020年5月20日(水)~6月9日(火)
※締め切らせて頂きました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
      
当選発表 : プレゼントの発送をもって代えさせていただきます
注意事項 :
・プレゼントへの応募は、お一人様1回とさせていただきます。
・メルマガ未登録の方は抽選の対象とはなりませんので、予めご了承ください
・応募受付の確認、当選落選についてのご質問やお問い合わせは受け付けておりません。
・プレゼントは再送いたしかねますので、予めご了承ください。
・プレゼントの返品、交換、換金、権利の譲渡には応じられません。
・プレゼントにより発生したいかなる損害に対しても補償いたしかねますのでご了承ください。
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、プレゼントの抽選、当選者への発送のみに使用いたします。なお、新規にメルマガに登録
いただく場合は、いただいたメールアドレスをメルマガ配信に利用させて頂きます。


 

 

早坂信哉(はやさかしんや)先生

東京都市大学人間科学部教授、温泉療法専門医、博士(医学)。以前は浜松医大准教授としても勤務。入浴や温泉に関する医学的研究の第一人者。「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」「あさイチ」「チコちゃんに叱られる!」などのテレビ出演やラジオ、新聞や講演など多方面で活躍中。著書「たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法」(KADOKAWA)、「入浴検定公式テキスト」(日本入浴協会)、「最高の入浴法」(大和書房)など。

日本入浴協会
https://nyuyoku-kyoukai.com/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業