くらしの役立ち情報
2023.10.27 WITHSMILE編集部

乾太くんの設置で後悔するポイント|後悔しやすい人・しにくい人とは

ガス式の衣類乾燥機の乾太くんには、家事の時短や負担軽減などのメリットがありますが、なかには「購入したものの、たいして使わなくなってしまった」「乾太くんは必要なかった」と後悔してしまう人もいます。

本記事では、乾太くんの設置で後悔するポイント、後悔しやすい人・しにくい人の特徴を、理由とともに詳しく解説します。乾太くんを設置しようかと考えている人はぜひご一読ください。
\ 乾太くんの詳細はこちら /

乾太くんの設置で後悔するポイント

乾太くんを設置しなければ良かったと考えている人は、一体どのようなことに後悔したのでしょうか。ここでは、乾太くんの設置を後悔した理由の内、代表的なものを詳しく解説します。

部屋が狭く感じるようになった

乾太くんを設置したことで、部屋が狭く感じられるようになったと後悔する人がいます。

乾太くんは、衣類を取りやすいように洗濯機の上に設置するケースが多く見られますが、目線よりも背の高い物があると、圧迫感を覚える人も少なくありません。

事前に乾太くんのサイズ感を知り、設置した際のイメージを膨らませておくと後悔しないでしょう。

乾太くんのサイズは、乾燥容量3kg以外は、幅・高さ・奥行きともに約65cm~68cmで、一般的な洗濯機よりも少し大きめのサイズとなっています。
 
タイプ 乾燥容量 サイズ
デラックスタイプ 6kg (横幅)65.3cm
(高さ)67.1cm
(奥行)59.4cm
9kg (横幅)65.3cm
(高さ)67.1cm
(奥行)67.4cm
スタンダードタイプ 3kg (横幅)55.0cm
(高さ)60.9cm
(奥行)50.6cm
5kg (横幅)65.0cm
(高さ)68.4cm
(奥行)56.1cm
8kg (横幅)65.0cm
(高さ)68.4cm
(奥行)64.1cm

サイズ選びを間違えた

サイズ選びを間違えることも、乾太くんの導入後によくある後悔の1つです。

乾太くんには「3kg・5kg・6kg・8kg・9kg」の5つの乾燥容量がありますが、乾燥容量によって、ランニングコストが異なります。大きすぎるとランニングコストが割高になってしまい、逆に小さすぎると衣類が入りきりません。

乾太くんは、家族の人数や1日に洗濯機を回す回数、衣類の種類や量など、さまざまな要素を考慮して最適なサイズを選ぶ必要があります。どのサイズが適しているかがわからない場合は、設置業者に相談してみましょう。

鈴与商事でも、乾太くんの設置はもちろん、サイズに関する相談も受け付けています。
ガス衣類乾燥機「乾太くん」の
\ 設置を考えているなら /

運転音が気になってしまう

乾太くんは、稼働時に掃除機や電話の呼び出し音と同じ程度の運転音がします。この運転音は、気にならない人もいる一方で、敏感な方は「うるさい」と感じてしまうことがあり、設置を後悔することがあります。

なお、新型のデラックスタイプには運転音を低減する「マイルドコース機能」が搭載されています。さらに、専用部品を設置することで音の低減ができるため、こちらを採用するのも一案です。

洗濯機から移し替えるのが面倒

これまで全自動洗濯乾燥機を使用していた人が乾太くんを導入すると、洗濯物を洗濯機から乾太くんに移し替える作業が手間だと感じる場合があります。

全自動洗濯乾燥機は洗濯から乾燥までボタン一つで完了するため、洗濯物を移し替える必要がないという便利さがあります。

一方で、洗濯物を移し替えることにはメリットもあります。例えば、1日に複数回洗濯機を回す場合、1回目の洗濯が終わってから乾太くんに移し替えれば、2回目の洗濯と1回目の洗濯物の乾燥を並行して行えます。洗濯機と乾燥機を並行して運転できるため、全自動洗濯乾燥機と比較して約5時間もの時短が可能です。

引用元:ガス衣類乾燥機「乾太くん(かんたくん)」|鈴与のガス機器・家電
 

衣類が縮んでしまった

乾太くんに限らず、衣類乾燥機全般に共通する後悔ポイントとしては、衣類が縮んでしまうことがあります。乾太くんは80℃以上の温風で衣類を乾燥させる仕様なので、その熱に耐えられない素材の衣類を乾燥機に入れてしまうと、縮んでしまう可能性があることを理解しておく必要があります。
 

メンテナンスに手間を感じる

乾太くんの後悔ポイントとして、メンテナンスの手間が挙げられることがあります。乾太くんは、月1回程度、フィルターのお手入れが必要です。乾太くんによって洗濯物を干す手間は省けるものの、メンテナンスを手間だと感じてしまうと、導入したことを後悔するかもしれません。

衣類乾燥機のタイプによっては、ドラム内の奥にフィルターが設置されています。もし、洗濯機の上に乾太くんを設置した場合は、手が届きづらいため注意が必要です。

なお、デラックスタイプの新型では、フィルターが取りやすい位置に設計されているため、簡単にお手入れが完了します。機種を選ぶ際には、メンテナンスのしやすさにも着目すると良いでしょう。
 

思っていたより使用頻度が低かった

思っていたより使用頻度が低かったために、乾太くんの購入を後悔する人もいます。乾太くんの使用頻度が低くなる原因は主に、衣類とドラム式洗濯機の2軸の問題があります。

まず、衣類の側面から見ると、先述のとおり、乾太くんは熱風で衣類を乾燥させる仕様であるため、特定の素材の衣類が傷む可能性があります。乾太くんに適さない衣類が多い場合、これまでの干し方を続けるしかなく、乾太くんの使用頻度は少なくなるでしょう。

これまでの干し方と並行しなければいけない場合、時短という乾太くんのメリットを最大限に活かせず、導入費用に見合った効果を感じられないかもしれません。

下表は、乾太くんの使用によって傷む可能性のある衣類の素材です。導入を検討する際に確認しておきましょう。


引用:リンナイ 家庭用ガス衣類乾燥機 取扱説明書より

また、全自動洗濯乾燥機を購入したことで、乾太くんの使用頻度が減ってしまったという人もいます。

全自動洗濯乾燥機はボタン1つで洗濯から乾燥まで手間なく終わらせることができるため、乾太くんと異なり、洗ったものを洗濯機から乾燥機に移動する手間もかかりません。

ただし、その一方で全自動洗濯乾燥機は乾燥に時間がかかることも多く、1日の洗濯量が多い家庭では洗濯や乾燥が追いつかなかったり、稼働時間が長くなって結果的にコストが大きくなったりすることがあります。

そのため、家族構成や洗濯容量などのライフスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

ランニングコストが高くなった

乾太くんの後悔ポイントに、ランニングコストを挙げる人もいます。乾太くんはガスと電気を使用するため、電気代もガス代も継続的にかかります。

特に、最近はガス代と電気代が高騰しているので、設置した当初よりも運用コストが上がってしまい、その点で後悔を感じる人もいるでしょう。一方で、乾太くんには時短という大きなメリットがあります。さらに、1回300~500円程度かかるコインランドリーを使う費用を考慮すると、乾太くんの費用対効果は大きいと言えるでしょう。
 
サイズ 1回あたりのコスト 1ヶ月間のコスト
5kg 63円 1,890円
8kg 102円 3,060円
※ガス+電気料金の合計。30日間毎日1回使用した場合で算出。

乾太くんはオール電化でも利用できる!設置時の確認事項やガスの種類を解説>>
 

乾太くんの設置で後悔しやすい人・しにくい人

乾太くんを購入して後悔してしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、後悔しやすい人・しにくい人の特徴と、それぞれの理由を解説していきます。ご自身の状況と照らし合わせて、乾太くんを導入しても後悔しないかどうかを判断してみてください。
 

後悔しやすい人

  • できるだけ光熱費を抑えたい人 ⇒ランニングコストがかかる
  • 設置場所の空間が狭い住宅の人 ⇒圧迫感を感じてしまう可能性がある
  • 外干しのデメリットを感じない人 ⇒乾太くんのメリットを感じられない
  • 縮みやすい衣類を多く持っている人 ⇒乾太くんを利用する頻度が少なくなる

光熱費をできるだけ抑えたいと考えている人は、乾太くんの設置を後悔しやすいです。購入後にガス代や電気代が高騰した場合、コストが当初の想定よりも増えてしまうためです。

他にも、縮みやすい衣類を多く持っている人も注意が必要です。外干しや部屋干しなどの量が減らず、衣類乾燥機を使う頻度が少なくなって、後悔してしまう可能性があります。

また、脱衣室など、衣類乾燥機の設置場所が広くない方も、乾太くんを設置すると圧迫感を感じ、後悔しやすいでしょう。
 

後悔しにくい人

  • 家族の多いご家庭 ⇒家事の時短になる
  • 共働きのご家庭 ⇒家事の時短になる
  • 赤ちゃんや小さいお子様がいるご家庭 ⇒大量の洗濯物を早く・清潔に乾かせる
  • ペットと暮らしている人やご家庭 ⇒衣類についた毛を取り除いてくれる
  • 花粉症の人 ⇒花粉が付着しない
  • 高齢者 ⇒干す・取り込む手間がない
  • 生乾きの臭いが気になる人 ⇒高温で乾かすため
  • チリや虫の付着が気になる人 ⇒チリや虫が付着しない
  • コインランドリーをよく利用する人 ⇒節約できる

家族の多いご家庭や共働きのご家庭は、大量の洗濯物を短時間で乾かす必要があるため、乾太くんの導入による時短のメリットを感じやすく、後悔しにくいでしょう。

衣類を清潔な状態に保ちたい人にも乾太くんはおすすめです。乾太くんは高温で衣類を乾かすため、生乾きの臭いを防ぎます。また外干しの必要がないため、虫や花粉が付着する心配もありません。

また、コインランドリーをよく利用している人も、乾太くんの導入で節約できる可能性が高いでしょう。
 

乾太くんで後悔しないためにできること

乾太くんは安い買い物ではないため、後悔しないかどうかは、購入前に確認しておきたいものです。ここでは、乾太くんの導入後に後悔しないために、事前にできることを紹介します。

乾太くんについて理解を深める

乾太くんには、メリットもあればデメリットもあります。両方を正しく理解することで、購入後の後悔を減らすことができるでしょう。

以下の記事では、乾太くんのデメリットについてまとめています。ぜひ併せてご確認ください。

ガス衣類乾燥機を導入するデメリット6つ・メリット8つ>>

衣類の乾燥における優先順位を決める

乾太くんを購入したあとの後悔を防ぐためには、衣類の乾燥における優先順位を決めておくことです。乾太くんの設置を検討している方の中には、電気式衣類乾燥機や外干しとのメリット・デメリットを比較している方も多いでしょう。

乾燥方法には、それぞれ一長一短があるため、どの方法が最も適しているかを決めるときには、まず衣類の乾燥において自分が何を優先しているかを考えましょう。

例えば、「早く乾かしたい」というのが最も重要であれば、乾太くんがおすすめです。一方で、「なるべく費用を抑えたい」と考えているのであれば、電気式衣類乾燥機や外干しの方が良いかもしれません。
 

乾太くんの相性診断を受ける

乾太くんの販売元であるリンナイでは、独自の相性診断サービスを提供しています。質問に「はい・いいえ」で簡単に回答するだけで、乾太くんがご自宅にどれだけ必要なのかがわかります。設置に悩んでいる方は、乾太くんの相性診断を一度試してみてください。

リンナイの「乾太くん」相性診断を受ける>>
 

お試しキャンペーンを利用する

乾太くんの設置業者には、無料お試しキャンペーンを行っているところもあります。キャンペーンを利用すれば、実際に乾太くんを利用してから設置するかを判断できるため、サイズ選びや圧迫感などでの失敗を防ぐことができます。

鈴与商事でも最長2週間の無料お試しサービスを実施しています。日々の生活の中で乾太くんの使用感をじっくりと試しながら、導入するかを決めてみてはいかがでしょうか。
ガス衣類乾燥機「乾太くん」の
\ 購入を考えているなら /

乾太くんの後悔について【まとめ】

乾太くんには多くのメリットがありますが、デメリットもあります。両方を正しく理解することで、購入後の後悔を防ぐことができます。

また、鈴与商事では「無料お試しサービス」を提供しています。時短になったり外干しをする必要がなくなったりと、乾太くんのメリットを実際の生活の中で体感できます。お試しサービスを活用することで、より確信を持って乾太くんを購入できるでしょう。
\ 無料お試しキャンペーン実施中! /

関連事業

くらしを彩る生活レシピ WITHSMILEとは?
RANKING

週間人気コラムランキング

7月18日~7月25日

鈴与グループのサービス Group service

SNS一覧
  • お客様の声募集

メルマガ登録はこちら

LINE友だち追加はこちら

\ お得な情報が受け取れます /

メルマガ登録はこちら

LINE友だち追加はこちら

arrow01 attention business car card company denki gasstation gus hikari house lease reform search solar support water point security laundry table