学ぶ

あったか生活だけじゃない? 窓断熱がもたらすしあわせ3つ

あったか生活だけじゃない? 窓断熱がもたらすしあわせ3つ

窓の断熱で始める快適生活

窓断熱1

暖房を使った部屋の中で、窓に近づくと冷たい空気を感じたことはありませんか?
住宅の壁は断熱材などを利用しているため熱を逃がしませんが、窓はガラスだけであること、窓枠が一般的に熱を通しやすいアルミ製であることなどから、暖気を逃し冷気を取り込みやすい場所になっています。
窓断熱の方法はさまざまですが、なかでもとりわけ効果的なのが二重窓
既存の窓の室内側に新しく内窓を取り付ける方法です。
窓と窓の間に空気の層ができるため、高い断熱効果が得られます。
さらに、二重窓にすることでもたらされるしあわせを3つご紹介します!

1、防音効果

電車や車の走行音などの騒音が入りにくく、楽器やオーディオの音などが外に漏れにくいため、まわりを気にすることなく生活できます。

2、防犯効果

2枚のガラスを壊さなければ侵入できない二重窓は、犯行に時間がかかるため、犯罪者から狙われにくいとされています。

3、結露が発生しにくい

窓周辺の外気と内気の温度差が緩和されるため結露が発生しにくく、サッシのカビ予防にも効果的です。

たかが窓とあなどるなかれ! そしてさらにもうひとつ、家庭に嬉しいメリットがあるのです。

窓断熱は電気代もお得!

窓断熱2

窓の断熱で忘れてはならないもうひとつのメリットが省エネ効果です。
熱は温度の高いところから低いところに移動し、ふたつが一緒の温度になろうとする性質があります。
そのため冬場は、部屋の中の熱が冷たい窓の方へと移動し、せっかく暖房器具などで温めた暖気が外に逃げてしまい、その分のエネルギーが余計に消費されてしまうのです。
ということは、窓の断熱をして熱が外に逃げることを防げば、結果的にエアコンなどの電気代を節約できるというわけですね。

DIYで手軽に、窓断熱にチャレンジ

窓断熱3

窓断熱には多くのメリットがあることがわかりました。
しかし、窓ガラスを断熱性のものに変えたり、二重窓にしたりと、いきなり本格リフォームをするのはちょっと……。
そんな方のために、窓断熱の効果を手軽に実感できる方法をお伝えします。

・断熱ボードを自分好みにDIY

冷たい空気は下に溜まるため、カーテンが床まで届いていない場合や大きな窓には、断熱ボードで窓の下部を覆うだけで熱が逃げるのを防ぎ、断熱効果が得られます。
さらにボードを好きな色や形にデコレーションすれば、おしゃれなインテリアに大変身。
また、カーテンを厚手の生地や、断熱性のあるものに変えたり、小さな窓にも床までの大きなサイズにしたりするとより効果的です。

・断熱シートやフィルム、断熱スプレーを利用する

シートやフィルムは窓に貼るタイプの断熱材です。
断熱シートは半透明の気泡シートのものが多く、窓に霧吹きをして貼り付けます。
手軽に利用できますが、使用に向かないガラスもあるので確認が必要です。
断熱フィルムはシートよりも透明性が高く景色が見えにくくならず、水にぬらして貼ったり両面テープで張り付けたりするだけの手軽さです。
断熱スプレーは窓に吹き付けて拭くことでシリコンコーティングをして断熱。
いずれも自分で簡単に作業ができ、値段も手ごろで取入れやすい断熱方法ですね。

◆まとめ◆

窓断熱の方法は、自分で簡単にできるものから、ガラスそのものを断熱窓に変えたり、二重窓にしたりと、リフォームが必要なものまでさまざまです。
いずれにしても窓まわりを工夫することで、省エネだけでなく防犯、防音、結露対策など多くのメリットがあることがわかります。
みなさんもぜひご自宅に合った窓断熱方法をみつけてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業