学ぶ

あなたの車は大丈夫?冬のバッテリー対策

あなたの車は大丈夫?冬のバッテリー対策
私たちの生活に欠かせない車。年末年始の帰省の際などに使用された方も多いのではないでしょうか。
その車が、もしいきなり走らなくなったら・・・?
実際、今のような寒い季節にはバッテリーが原因で車が動かないというトラブルが多く起きています。
そこで、今回はバッテリーについて、この時期に注意したいことをご紹介します。
 

こんな時、バッテリートラブルに要注意!


JAFの救援データでも、冬のトラブルとして一番多いのがバッテリートラブル。車は走ることでバッテリーに充電しますが、この充電・放電の化学反応は気温の影響を受けやすいため、冬はバッテリーの負荷が大きくなる季節なのです。 さらに、冬は日が短くてライトの点灯時間も長くなる上、暖房も長時間使いがち。バッテリーのパワーが低下しているところにたくさん電力を使えば、その負荷はとても大きなものになってしまいます。
また、環境にやさしい車として多くのメーカーで取り入れられているアイドリングストップ車は、通常の車よりバッテリーへの負荷が大きく、バッテリーが弱くなると停止時にエンジンが止まらなくなります。
寒い季節やアイドリングストップ車に乗っている方は特にバッテリーを気にしてあげる必要がありますね。
 

この機会にバッテリーをチェックしよう!


まずは自分の車のバッテリーがどんな状態なのかチェックしましょう。メンテナンスフリータイプのバッテリーは自分で見て判断することができないため、ガソリンスタンドなどでのチェックが必要となります。
そこで、給油ついでにバッテリーのチェックをおすすめします。セルフスタンドでもスタッフに声かけすれば行ってもらえるので、ぜひこの機会にチェックしてみて下さいね。
 
また、鈴与グループのS-net静岡(株)のガソリンスタンドではこの記事をご覧の方全員に限定価格でバッテリーをご提供いたします。
量販店に負けない、自信を持っておすすめできる価格です!
※限定価格期間:2018年1月31日まで
※S-net静岡(株)のガソリンスタンドはこちらから
※限定価格をご希望の際は下記画像を店頭スタッフにご提示ください。


普段乗るときにあまり気にすることのないバッテリーですが、いざ出かける際に動かないとなったら大変ですよね。バッテリートラブルが多い今こそ、給油のついでにチェックしてみてはいかがでしょうか。「備えあれば憂いなし」、この機会に確認してみてくださいね。
 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業