食べる

みんなどうしてる? キニナル!余ったお餅の活用法

みんなどうしてる? キニナル!余ったお餅の活用法

大人も子どもも大好きな「お餅」。
雑煮にしたりこんがり焼いたり……と、このお正月にもたくさん食べたのでは?
今回は、日本の国民食ともいえる「お餅」に注目。
お正月に食べきれなかったお餅のアレンジレシピをレクチャーいたします!

アレンジレシピでとことん味わう!

お餅の活用法01

お餅を使ってお団子を作ろう

  1. 耐熱ボウルにお餅と水少々を入れ、ラップをせずに電子レンジで3分。

  2. 濡らした木ベラでよく混ぜ片栗粉を少々。

  3. 冷めないうちに丸めればお団子の完成。

  4. お好みのあんをつけてどうぞ。

バレンタインにもおすすめ! チョコもち

  1. お餅と同量の板チョコを用意。

  2. どちらも2cm角に切って耐熱ボウルに入れ、3分ほど加熱。

  3. 木ベラでよく混ぜ、粉ココアを広げたラップの上に伸ばします。

  4. 全面をラップで包み冷蔵庫で1時間。

  5. 食べやすいサイズに切り、仕上げにココアをまぶしたら完成です。

パパの喜ぶおつまみアレンジ

  • ビールには「お餅の肉巻き」
    短冊形に切って青しそと一緒に豚肉で巻き、甘辛だれや焼き肉のたれで焼くだけ!

  • 焼酎には「明太チーズの餅グラタン」
    一口サイズのお餅に明太子ととろけるチーズをオン。
    グリルやトースターで焼いて焼き海苔をトッピングするだけ!

  • ワインには「もちもち揚げワンタン」
    ワンタンの皮にお餅とベーコン、ケチャップを少々。
    三角に包み適温で揚げるだけ!

本当においしい「焼き餅」の作り方

お餅の活用法02

炭火と焼き網でじっくりこんがり……。
想像しただけでもおいしいのは間違いありませんが、なかなかそこまで手間をかけられないのが現実。
少しでもそのおいしさに近い方法はないのでしょうか?
トースターやフライパンを使うのが一般的ですが、ぜひ試してもらいたいのがグリル調理。
直火効果で温度も高く、外はカリッと中はモッチリとした仕上がりになります。
一度丸めてしわを付けたアルミ箔を敷いて焼けば「くっついちゃった!」という失敗もありません。
冷凍保存したお餅を焼く場合は、電子レンジで加熱(5個で1分程度)してから焼きましょう。
また、焼く前に真ん中に×の切込みを入れると、キレイに膨らみよりおいしそうなフォルムになります。
ぜひお試しくださいね。

まとめ

あらためてお餅のポテンシャルを知っていただけたでしょうか?
主食にもおつまみにもスイーツにもなるお餅。
お正月に食べきれずに残ってしまったお餅を使って、いろいろなおいしさを愉しんでみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業