学ぶ

これからの住まい「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」について知ろう!

これからの住まい「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」について知ろう!

ゼロエネルギー、ZEH……。
ニュースなどで最近耳にすることが多くなったこの言葉。
そろそろマイホームを、とお考えの方は特に気になる言葉かもしれませんね。
今回は、今話題のZEHについて詳しくご説明いたします!

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは?

ZEH02

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)、略してZEH(ゼッチ)。
普段使用する空調、給湯、換気、照明といった一次消費エネルギーの収支ゼロを目指す住宅のことを指します。
キーワードは「省エネルギー」と「創エネルギー」。
そして、省エネルギーには2つのポイントがあります。

省エネルギー

  • 省エネ設計・・・高気密・高断熱素材を使用し、エネルギーロスを減らす
  • 省エネシステム・・・高効率機器・HEMS(※)により、家全体の消費エネルギーを減らす

創エネルギー

  • エネルギーを太陽光発電システムによって創り出す

省エネ効果により消費エネルギーを減らし、それより多い創エネを実現することで、エネルギー収支がプラスマイナスでゼロを目指す、すなわちZEHとなるのです。

※HEMS―ホームエネルギーマネジメントシステムの略。
エネルギーの使用量を「見える化」させたり「自動制御」させたりすることでエネルギーをムダなくかしこく使うシステムのこと
 

これから建てる家をZEHにするメリットとは?

 

●その1 家計にも環境にも優しい

ZEHは家で使うエネルギーを減らして太陽光発電でエネルギーを創るので、光熱費も大幅に削減できます。
何十年も生活をする住宅で光熱費が削減できるというのは、大きなメリットですよね。

また、使うエネルギーを減らせるため、CO2の削減、地球温暖化防止など地球環境にも貢献できます。

●その2 健康改善効果

ZEHは断熱性能が高いため、家全体が一定の温度で保たれやすくなります。
そのため、部屋の寒暖差が原因となって起こるヒートショックが発生するリスクを減らすことが出来ます。
(ヒートショックによる死亡者数は交通事故の約3倍以上です)

また、断熱性能を高くすることで、せきやのどの痛み、手足の冷えの改善だけでなく、アトピー性皮膚炎などにも改善がみられると報告されています。

●その3 将来の資産価値

現在一般住宅の新築の家の資産価値は約25年でほぼ無価値になりますが、
国は戸建て住宅の査定方法の改定を進めており、買い替え・売却時に築年数ではなく、
家の質の高さが取引価格に反映されるよう評価の仕組みを見直そうとしています。
その為、10年後、20年後の将来に必要な住まいの基準を満たしたZEHは家の価値が高くなると見込まれています。

ZEHが当たり前になるってホント?

ZEH03

ZEHは住宅の未来基準と言われ、国も目標を掲げ大きく動き出しました。

<国の目標>

2020年までに……
標準的な新築住宅のうち50%以上のZEHを実現する
2030年までに……
新築住宅の平均でZEHを実現する

また、ZEHの導入を促すべく、2012年より補助金制度がスタート。
常時居住する住宅(自宅)であることや、地域区分ごとに定められた性能がクリアしているかなどの条件はありますが、2018年度は1軒あたり70万円の補助が受けられるなど、国全体でZEHが当たり前の未来を後押ししているのがよくわかりますね。

実際に体感! モデルハウスを見に行こう

ZEH04

ZEHがどんなものかはわかったけど、やっぱり直接見てみたい!

そんな方におすすめなのが、静岡県掛川市にある「納得住宅工房×鈴与商事」のコラボモデルハウスです。
このモデルハウスは、鈴与商事がコンサルティングした太陽光発電設備やHEMS、高効率機器や断熱材、蓄電池などのZEHパッケージを装備。
夏は涼しく冬は暖かい快適空間を体感しつつ、最先端の省エネシステムを実際に見ることができます。
新築をお考えの方はもちろん、「ZEHが気になる!」という方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

◆ 納得住宅工房×鈴与商事 ZEHモデルハウス

436-0054
静岡県掛川市城西2-12-6-3
0537-25-7109(受付時間/10:00~19:00)
来店予約はこちらから→https://www.nattoku.jp/reservation/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業