学ぶ

4K8K放送ってなに?今までとの違いをお答えします!

4K8K放送ってなに?今までとの違いをお答えします!

昨年の12月から始まったテレビの4K8K放送。家電量販店でも何年か前から4K8K放送に対応したテレビを見かけるようになりました。もう既に4K対応テレビをお持ちの方もいるかもしれません。
4K対応テレビをお持ちの方も、4K8Kってなに?という方も、ぜひこの機会に今までとの違いや4K8K放送を見る方法をご確認くださいね!
 

4K、8Kの違いってなに?



現在のテレビ放送は「2K(フルハイビジョン)」という画質です。2K、4K、8Kは簡単にいうと画質(映像のきめ細やかさ)を指している言葉です。2K、4K、8Kの順に画素数が大きく(映像がきめ細かく)なり、より精密な映像を見ることができます。デジカメで撮った写真を引き延ばして印刷したことはありますか?あれと同じで低い解像度の画像を大きく引き伸ばすほど映像は粗くなりますが、4Kや8Kは今までの2Kに比べきめ細かい映像なので粗くなりにくく、大きなテレビ画面でも綺麗な映像を見ることができます。また、画面の明るさも近年向上していて明暗の差をダイナミックに表現できるようになっています。
映像のきめ細やかさでいうと、2K、4K、8Kはそれぞれ約200万画素、約800万画素、約3300万画素となります。数字で比べてみるといつも見ている2Kがあまり高画質でないように感じてしまいますね。それだけ現在の映像のクオリティが高くなっているということです。





【映像イメージ】

※上記画像はイメージであり、実際の画質とは異なります。
 

4K、8K対応のテレビを持っているだけじゃ見られない!?



もう既に4K対応テレビを持っているという方もいるかと思いますが、対応チューナーも必要ということをご存知ですか?一口にテレビといっても、実はテレビの機能は、テレビ局からの映像を受け取るチューナーと、チューナーが受け取った映像を映す画面に分けられます。つまり、せっかく画面が4K対応であっても、チューナーが4K放送を受け取れないと、お持ちのテレビでは4K放送を見られないということになります。4K、8Kを見ることができるテレビは2種類あり、対応のチューナーを繋ぐ必要がある「対応テレビ」と、チューナーが内蔵された「内蔵テレビ」があります。もしご自宅にあるものが「対応テレビ」だと4K、8Kの映像を見るにはチューナーを繋ぐことが必須となります。せっかく対応テレビを持っているのに知らずに4K、8Kではない映像を見続けていた、となるのはもったいないのでぜひご自宅のテレビがどちらのものかご確認ください。「対応テレビ」と「内蔵テレビ」は製品番号で調べていただくか、購入元に聞いていただくのが確実です。
※新4K放送視聴のためにはチューナーの他、BS・CSアンテナ、宅内配線などご自宅のテレビ環境によって必要なものが異なります。詳しくはこちらをご参考下さい。
 

4K8Kテレビ質問コーナー!家電のプロに聞いてみよう!



4K8Kテレビはきめ細かい超高画質な映像ということはわかりましたが、具体的なことは全然わからない!という方も多いはず。今回は皆さまの声を代表して一般財団法人家電製品協会認定の「家電製品アドバイザー」である桑原さんに質問してきました!
 
筆者:
4K8Kテレビのこと、実はまだよくわかっていないのですが具体的にどんな良いことがあるんでしょうか?
 
桑原さん:
4K8Kテレビは何と言っても映像の美しさです!画面に近づいてみても粗さが目立たないので大画面いっぱいに臨場感のある映像が見ることができ、まるでその場にいるような体験ができますよ。有名な観光スポットや外国の街並み、海の中、花火などもすごく綺麗に見られます人の動きも滑らかなのでスポーツやアクション映画もおすすめです。2020年の東京オリンピックはまるで現地で観戦しているように感じられると思いますよ!
また、最近増えてきているネット動画サービス(アマゾンプライム、ネットフリックス等)(※)の4K向けの新規映像を最大限に楽しむこともできますよ
※別途、専用プランへの加入・インターネット環境が必要となります。
 
筆者:
臨場感のある映像を楽しめるんですね!既に4K向けの映像が見られるネット動画サービスを利用している人は知らなきゃ損な気がします。DVDやブルーレイディスクはどんな風に映るのですか?
 
桑原さん:
通常のDVD、ブルーレイディスクは4K8Kテレビで映像を流しても2Kと同様の画質になります。現在、ブルーレイディスクはウルトラHDブルーレイという規格に移行していて、こちらは再生レコーダーが4K画質の再生に対応していれば4K画質で映像を楽しめます
 
筆者:
なるほど。4K8K放送に対応した機器に移行が始まっているんですね。でも、今後今使っている4K8Kに対応していないテレビで現在見れている放送が見られなくなるという事はないのでしょうか?
 
桑原さん:
2018年12月末現在、4K8Kに対応していないテレビで地上波放送が見られなくなるという事はありませんのでご安心ください。今後、BS、CSともに4K8Kの映像コンテンツは増えていくと思われるので買い替えの際には、4K8K視聴が可能なものを選ぶことをおすすめします。現時点で、対応テレビでの4K8K放送視聴可否についてもまとめたので参考にして下さい。
 
【2018年12月末現在 4K8K放送視聴について】
○地上波⇒現在4K8K放送をしていない
○BS⇒放送が始まっているので視聴環境が整っていれば可能
○CS(スカパー)⇒加入しCS放送の受信ができるアンテナ等視聴環境が整っていれば可能
○ケーブルテレビ⇒ケーブルテレビのチューナーが4K対応のものになっていれば可能
○ネット動画配信サービス⇒ネットにつながっていて視聴環境が整っていれば可能
 
筆者:
テレビ買い替えのタイミングでは要チェックですね!
 
桑原さん:
4K8K対応のテレビに買い替えの際は、必ず視聴に必要な機器が足りているか購入先にご確認くださいね。またあわせて4K8K対応のレコーダーを購入されるとウルトラHDブルーレイの再生や、4K8Kの画質での録画もできますよ。
 
筆者:
自宅の視聴環境によって必要な機器がちがうんですよね。自宅のテレビも次回買い替えの際は4K対応テレビを狙っています!ありがとうございました。
 

テレビ番組はもちろん、映画や動画配信サービスなどをよく見る方や迫力ある映像でスポーツ観戦を楽しみたい方にはおすすめの4K8K対応のテレビ。リビングに大きなテレビを置いて映画館気分で臨場感のある綺麗な映像を楽しまれてはいかがでしょうか。


 
参考:総務省「4K放送・8K放送 情報サイト」http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin.html
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業