学ぶ
2019.05.20 菅原岬

茶呈師に教わる!新茶のおいしい淹れ方

茶呈師に教わる!新茶のおいしい淹れ方
5月2日に八十八夜を迎え、今年も新茶が出回る季節がやってました。新芽でつくられる格別な新茶は、自宅でもおいしく飲みたいですよね。

茶呈師(ちゃていし)の薗田基一さんは、上皇上皇后両陛下への接遇経験もあるお茶のプロです。家庭でできる新茶のおいしい淹れ方を教わりました。

 

茶呈師という茶業の新スタイル、その役割とは?




ーまず、茶呈師とはどのようなものか伺いました。

「茶呈師とは、茶師と呈茶の両方を担う人という意味で、私が考案した職業名です。茶師とは、お茶の製造と販売を行う人のこと。さまざまな産地のお茶の味を見極め、ブレンドして仕上げます。呈茶とは、お客さまにお茶をふるまうこと。つまり茶呈師は、お茶の仕上げからおもてなしまでを一貫して行う人を言います。

薗田家には茶業関係の親族が多く、お茶の畑や工場が身近にありました。いつかは自分もお茶屋を営みたいと茶師を志し、独立しました。そこから自分らしい在り方は何かと考え、茶呈師の活動に至ります」




「2018年11月28日には、静岡行幸啓御会食において上皇上皇后両陛下へ呈茶させていただきました。浜松市長から『茶呈師 薗田基一が淹れたお茶です』とご紹介いただき感無量です。

最近では、お茶の製造販売を手掛ける茶ッ葉屋の店舗でカフェ業務もスタートできるようになりました。
味わいだけでなく季節感やおもてなしなど、日本茶はたくさんの豊かさをもたらしてくれます。これからも多くの方にお届けできたらと思っています」
 

水出しとお湯出しそれぞれに新茶の味わいを楽しむ

 


▲水出し(奥)とお湯出し(手前)のお茶

ー薗田さんに家庭でできる新茶の楽しみ方を教わりました。まず気を付けるポイントは何でしょうか?
 
「新茶の場合は、茶葉の量をいつもの1.2~1.5倍ほど多めにしてください。良いお茶ほど贅沢に入れていただき、新茶の青々しさや初々しさを楽しんでください」
 
ー水出しとお湯出しそれぞれに異なる新茶の味わいを教わりました。

「水出しでは、水を入れると徐々に葉が開いてゆっくり風味が抽出されます。何分と計るよりも、目視で葉の開きを確認してもらうと良いですね。水の温度やお茶の蒸し方によって、葉の開き具合が変わりますので」

ー実際に飲んでみると、深い味わいが感じられます。渋くはなく、山の味とでも言えるような風味です。

「それは、甘みとうまみによるものです。後から甘みが広がるのは、新茶の特徴ですね」

ー続いて、お湯で淹れたお茶をいただきます。緑の味わいが口いっぱいに広がり、水出しと全く違う風味を感じました。

「この青々しさが新茶の風味です。この味が苦手な方は、香ばしく深炒り(焙煎)した新茶を選ぶと良いです。苦みや渋みが出切ってしまわないように、葉の開きすぎに注意してくださいね」

ー夏に向けて暑くなってくると、水出しのお茶が便利かもしれませんね。

「そうですね、作り置きができますので。水出しして冷蔵庫に入れておけば、一日中緑の色味と風味が続きます。お湯で出した適度な苦みや渋みを楽しみたい方は、熱湯で淹れたお茶に氷を入れてすぐさま冷蔵庫で保管すると良いですよ」

 

プロの味を家庭でも簡単に!〇〇を使ったおいしい新茶の淹れ方

 

「じつは、ウォーターサーバーを使うと簡単においしいお茶を淹れられるんです。自宅でも手間いらずで適温の60~70℃で出すお茶がつくれますよ。
 
急須で出すお茶の量をマグカップ1杯(約180ml)とします。茶葉の量は、大さじで大盛り1杯入れてください。
まず、サーバーから出した冷たい水をマグカップの3分の1の量だけ注ぎます。
20秒ほど置いて茶葉が開いて水を吸った感じになったら、熱々のお湯をマグカップの3分の2注いで待ちます。深蒸しで45秒、浅蒸しは1分ほどが目安です」

ー口にすると豊かな香りが広がります。後味でぐっと甘さが出てくるのを感じられます。

「水出しやお湯出しと同じ茶葉を使っていますが、より深みが出ていると思います。水を注いで葉が開くことで、先に甘みとうまみを出したからです。続けて熱湯を入れることで、渋みと苦みも抽出されました

ー手順を追って淹れたお茶は本当に美味しいですね。しかも数分でできて簡単なので、毎日でもつくれそうです。

「今年の新茶も角の取れた丸みのある味で、美味しく仕上がっていると思います。ぜひご家庭でも新茶の魅力を味わってみてください」
 


 

【プレゼント企画】茶呈師薗田さんのオリジナル新茶ティーバッグを20名様にプレゼント!!

今回取材させていただいた茶呈師薗田さんが、ウィズスマイル読者用に作ってくださったオリジナルの新茶ティーバッグ“まろやか緑茶”1袋と“くつろぎ緑茶”1袋をセットで20名様にプレゼントします!

鮮やかな色合いとさわやかな味わいで、新茶の季節が楽しめます。
ぜひ味わっていただきたく、たくさんの方のご応募をお待ちしています。

商品:新茶ティーバッグ“まろやか緑茶”と“くつろぎ緑茶”のセット
内訳:まろやか緑茶ティーバッグ1袋(5g×12個)
   くつろぎ緑茶ティーバッグ1袋(5g×12個)
応募資格:メルマガ「Suzuyo通信」を購読されている方
※メルマガを未登録の方も、プレゼント応募フォームでメルマガの登録が可能です。この機会にぜひご登録ください。
応募期間:2019年5月20日(月)~6月9日(日)
当選発表:当選された方へメールでご連絡差し上げます。

注意事項
・プレゼントへの応募は、お一人様1回とさせていただきます。
・メルマガ未登録の方は抽選の対象とはなりませんので、予めご了承ください。
・応募受付の確認、当選落選についてのご質問やお問い合わせは受け付けておりません。
・プレゼントは再送いたしかねますので、予めご了承ください。
・プレゼントの返品、交換、換金、権利の譲渡には応じられません。
・プレゼントにより発生したいかなる損害に対しても補償いたしかねますのでご了承ください。
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、プレゼントの抽選、当選者への発送のみに使用いたします。なお、新規にメルマガに登録いただく場合は、いただいたメールアドレスをメルマガ配信に利用させていただききます。

▼応募フォーム

 

●店舗情報●

浜松のお茶屋 茶ッ葉屋

所在地:静岡県浜松市東区西塚町313-4
営業時間:月~土 11:00-19:00 日・祝 11:00-17:00
定休日:不定休(配達の都合などによる) 
問い合わせ:053-411-7795
URL:https://www.chappaya.com/

 
●プロフィール●
薗田 基一 さん

日本茶で営みを豊かにする茶呈師として、日本茶の製造販売からおもてなしまでを行う。日本茶の生産や加工、卸業に携わる親族に囲まれて育ち、茶業で独立することが目標となる。高校3年生で上京し、お茶屋としての下積みを経験。25歳で独立し、お茶屋の茶ッ葉屋を開業する。日本茶の小売りのほか、飲食店向けの日本茶カウンセリングも行っている。

鈴与商事では、便利で安心なウォーターサーバーを静岡県内のご家庭にお届けしています。
鈴与のボトルサーバー詳細はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連事業